人気ブログランキング |

2012年から続く、企画展。
はたらく器、おいしい皿。2018に出品いたします。
はたらく器、おいしい皿。
六本木店 9月25日(火)~10月1日(月)
福岡店  10月9日(火)~10月18日(木)
c0235504_19313070.jpg
わたしの拙作も並んでいます。
c0235504_19322449.jpg
料理が盛られると雰囲気が変わりますね。
わたしも器というのは、あくまで料理が盛られてこそだと思って制作しています。
ある人は、料理が乗って初めて器は完成するのだから、うつわは多少未完成でいいと言ったという話も聞いた事があります。

使って楽しいうつわ、毎日使ってしまう器。
何かわからないけれど惹きつけられる器。
c0235504_19434759.jpg
20人の作り手が制作したうつわ、お皿が並びます。
興味をお持ちの方、お時間がお或りの方、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

# by kikigama | 2018-09-22 19:46 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

制作真只中 2018 9月

今年の夏は色んな事があり、制作が順調に進まない状況でした。
なにはともあれ、無事に子どもが退院し、順調に回復しているのでホッと胸を撫でおろしています。
ようやく日常が戻り、ただただ健康であることがどれだけ大切な事であるか、教えられた気がします。
遅れた分の仕事を取り戻すために、慌ただしい日々を送っています。
c0235504_21083031.jpg
ロクロ挽きした生地を削り、乾燥。
c0235504_21092891.jpg
呉須で、ひたすら絵付け。
同じ柄は描きたくないので、絵柄を考えながら筆を運びます。
c0235504_21133524.jpg
焼成が終わっても、そこで終わりではありません。
目跡を削り、ペーパーでザラザラした所を磨いて完成です。

とはいえ、まだまだ制作は続きます。
暑さが落ち着いてきたので、エンジン全開で頑張りたいところです。
9月末からDEAN&DELUCAの企画展。
10月以降も続々と展示会が続きます。


# by kikigama | 2018-09-09 21:21 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

残念なお知らせ

残念なお知らせです。
単刀直入に申し上げますと、阪急うめだで開催予定の『カレーとカレーのためのうつわ展』への出品をキャンセルさせて頂きました。
楽しみにして下さった方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
絵付けまで終わった器たちですが、どうにも其の後の作業(施釉・窯焚き・発送)を期日までにする時間が捻出できない状況です。
非常に残念ですが、苦渋の決断でした。
c0235504_20430295.jpg
実は、子どもが入院することになり、まだ小さい事もあってほぼ24時間の付き添いが必要になりました。
交代するつもりですが、早朝から夜まではずっと病院にいる事になります。(作業するとしたら睡眠時間しかありません…)
最低でも一週間で、回復次第では前後するとの事。
どうかご理解いただけますと幸いです。



# by kikigama | 2018-08-23 21:14 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

夏こそカレー

どうやら、
自分でも驚くほどにカレーが好きらしい。
カレー皿を制作していて、やはり食べる中で器に還元できる事は多いに違いないと、心の何処かが叫びました。
取り敢えず一週間を目標に、毎日の昼食はカレーを自作し、器を変え味を変え研究する事、はや二週間以上。
うつわの制作は兎も角、スパイスカレー作りの腕だけは上がりました。
c0235504_16092219.jpg
ある日の昼食。
c0235504_16110591.jpg
とある日の昼食。
c0235504_16122464.jpg
また、ある日の昼食。
c0235504_16125815.jpg
そして、猛暑の中のある日も。
暑い国の料理ですもの、夏にこそ食べるべき料理なのでしょう。
スパイスの調合からして薬膳料理のようですしね。
毎日汗だくになりながらも、どうにか夏バテに為らずに仕事を続けています。

ところで、うつわに還元できているのかという問題ですが、それは阪急うめだ本店での展示会にてご覧ください。
阪急うめだ本店9階催場
『カレーとカレーのためのうつわ展』
8月29日(水)~9月4日(火)



# by kikigama | 2018-08-15 16:25 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

2018年、今年は良くも悪くも記憶に残る年になりそうです。
7月の猛暑は異常気象だと気象庁が発表していたようですが、8月に入って尚、暑さが続いています。
単刀直入に申し上げますと、勝手ながら暫く展示室を閉めます。
c0235504_10304254.jpg
私の工房にはエアコンがありません。
やきものでの器制作では、土埃や石埃など、とにかく埃には事欠かないがやきもの現場なのです。
フィルターとか直ぐに詰まるっちゃろう?と当然かんがえました。
エアコンの導入を渋ったのはその為でしたが、工房を建ててからもうすぐ9年、夏場の暑さは作業を滞らせています。
幸い、展示室(ギャラリー)にはエアコンがあるので、お客様の来訪時は特に問題はありません。
そこで、夏場(9月も含む)は展示室を閉めて、作業場として使用いたします。
ロクロなど汚れる作業は兎も角、絵付けなどはエアコンの効いた展示室で作業したいと思います。
工房を訪ねようと考えていらっしゃる方には、大変申し訳ありませんが、季節が良くなってからお越しください。(作業を見学したいという方は、どうぞお越しください)
どうぞご理解いただけますと、有難いです。


# by kikigama | 2018-08-03 10:34 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)