人気ブログランキング |

2019年 うつわ祥見 

2019年 7月

うつわ祥見 onari NEAR
『吉田崇昭展』
2019年7月13日(土)―7月22日(月)
会期中休/7月16日(火)
〒248-0012
神奈川県鎌倉市御成町5‐28
TEL/0467-81-3504
OPEN/12:00-18:00
2019年 うつわ祥見 _c0235504_18200302.jpg

2019年 うつわ祥見 _c0235504_18210664.jpg
2019年 うつわ祥見 _c0235504_18220950.jpg
昨年に続き、二回目の個展です。
準備としては半年前からちょっとずつ個展用にと、器を取り置きしていました。
この2か月ほどは個展に向かって猛烈に制作に没頭したつもりです。
勿論、私の作るものですから染付中心ですが、ワンポイントになればと鉄絵のうつわも制作しました。
絵付けに関しては、幾何学文から具象的な伝統文様が増えたのですが、尚更現代的なうつわとして見えるように描いたつもりです。
興味をお持ちの方、これから器を買い揃えたいという方、どうぞお立ち寄りくださいますと幸いです。

# by kikigama | 2019-07-12 18:31 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

2019年6月 膾皿展

2019年

『膾皿展』
くらしの器 田園調布いちょう

6月14日(金)→6月29日(土)
6/14のみ 11:00~20:00
会期中休み 6/23

東京都大田区田園調布3-1-1ガデスビル2F
tel 03-3721-3010

参加作家
日高伸治・日高直子・光藤佐・吉田崇昭・ヨシノヒトシ
2019年6月 膾皿展_c0235504_21284511.jpg

2019年6月 膾皿展_c0235504_21291741.jpg



2019年6月 膾皿展_c0235504_21294358.jpg


2019年6月 膾皿展_c0235504_21361873.jpg
膾皿は、サイズ感がとてもつかいやすい器なので、これからうつわを買ってみようという人にもお薦めです。
興味のある方、どうぞお越しください。


# by kikigama | 2019-06-14 21:37 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

2019年6月 煎茶と花

6月は企画展が二本あり、そのどちらも東京です。
まずは、東京都文京区千駄木のギャラリー箒星さんです。

Galerie 箒星
煎茶と花ー九人展ー
2019年6月8日(土)-16日(日)
11:00-18:00
休廊日10日最終日17:00まで
〒113-0022
東京都文京区千駄木3丁目42-7
2019年6月 煎茶と花_c0235504_16385996.jpg

2019年6月 煎茶と花_c0235504_16392231.jpg

2019年6月 煎茶と花_c0235504_16394921.jpg
大勢の個性的な作家による企画展です。
お茶や茶器に興味をお持ちのかた、どうぞお越しください。

# by kikigama | 2019-06-06 16:45 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

2019年5月11日(土)~5月12日(日)
フィールドオブクラフト倉敷2019
倉敷市芸文館広場

金曜日の朝から福岡を出発して7時間かけて高速を走り、無事に出展してきました。
フィールドオブクラフト倉敷2019_c0235504_09333844.jpg

フィールドオブクラフト倉敷2019_c0235504_09343218.jpg
夕方に到着して、ほんの1時間ほど美観地区を回ることができました。
ちょこちょこお買い物も…。
フィールドオブクラフト倉敷2019_c0235504_09360564.jpg

フィールドオブクラフト倉敷2019_c0235504_09362516.jpg

フィールドオブクラフト倉敷2019_c0235504_09414449.jpg
天気に恵まれたのは何よりでしたが、とにかく暑い猛暑日のような二日間でした。
2年ぶりの出展でしたが、スタッフの皆さんも優しく、開催したミニワークショップも好評だったので楽しい時間を過ごさせていただきました。
ご来場いただいた皆様、お買い上げくださった方々、ありがとうございました。
それから、FOCのスタッフの皆さんありがとうございました、お世話になりました。
野外のクラフトイベントならではの交流や、うつわに関しての新たな課題もみつかったので、制作に生かしてまいります。

# by kikigama | 2019-05-13 09:44 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)

清明と穀雨の間で

清明と穀雨の間で、作陶に明け暮れています。
1~2月は寒さとインフルエンザ、それから花粉症の影響で体調不良が続きました。
3月から少しづつ制作にもエンジンが掛かったように思います。
4月になり、福岡では桜は散ってしまいました。
個人的には花粉が落ち着いてきたので、作業に集中できる季節になってきたことが嬉しくもあります。
清明と穀雨の間で_c0235504_19470985.jpg
これからはイベント出展と企画展、それに個展と続くので、在庫がどれだけあっても困ることはありません。
窯もたき終わり、器たちが出てきました。
窯出し後の器たちは、そのままではお渡し出来ません。
目跡を削ったり縁や高台を耐水ペーパーで磨くことで、ようやくお客様の手元にお出しできる状態になるのです。
清明と穀雨の間で_c0235504_20052979.jpg

清明と穀雨の間で_c0235504_20062483.jpg

清明と穀雨の間で_c0235504_20071412.jpg
石砂や珪砂を敷いてみましたが、思ったような仕上がりではなかったですね。
石砂はまだ良いですが、珪砂は削るとほとんど消えてしまうので難しいところ。
実験はこれからもちょくちょく続けていこうと思います。
これからは季節もよくなりますし、さあ頑張って制作せねばと心に誓いました。


# by kikigama | 2019-04-12 20:21 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)