窯作り つづき

昨年の秋からほとんど進んでいなかった窯作りですが、年が明けてから、すこしずつ作業をはじめました。

35度以上はある急斜面を、ひたすら鍬一本で手掘りしています。

竹の根や樹の根を、鍬やノコギリで取り除きながらの作業で、なかなか骨が折れます。

大小さまざまな石も埋まっているので、それも取り除きます。

薄っぺらい石が埋まってると思って掘り上げると、1メートル近い大きな石だったりして、そういう大きな石は義父の設置してくれたチェーンブロックで移動しました。

3本の長い丸太を立てて、中心からチェーンブロックを下げただけの原始的なものですが、非常に機能的でもあります。

昔、庭の石垣を積んでいた義父は、200kg以上はあろうかという大きな石も、一人で移動させていたと聞きました。
本当にすごいです。

山の中ですが、ダムとかペットの霊園があるためか、意外と車の通りがあります。

さすがに車を降りて見に来られる方はいませんが、お隣の飼っている大きな黒い犬がたまにギャラリーとして見物にやってきます。
c0235504_19163543.jpg
今度、窯建設中と書いた看板でも立ててみようかな。
[PR]
by kikigama | 2013-01-31 20:36 | 窯作り | Comments(0)