いつか

薪の窯で、器を焼く。

昔は、ごくごく当たり前だったのでしょう。

しかし、以前は問題なくできたことでも、何かと難しくなった現代において、薪窯は容易ではありません。

現在の場所に工房と窯を築いて、この秋で三年になります。

住宅地の中なので、ガスの窯で焼いています。(煙突はありますが、ガスが燃焼しても
CO2と水が出るくらいで煙はでません)

いつかは薪でやりたい。

実現できるかはわからないけれど、よく口にしてきた言葉でした。

いつかって、いつになるんだろうとは思いながら。

煙の問題があるので、場所は山間。

できれば、道路沿い。レンガや薪材などを運ぶにしても、便利なので。

広さはそこそこ、100坪もあれば十分過ぎるくらい。

想像は膨らみ、車で土地探しをはじめたのが、今年に入ってから。

とにかく動いてみようと、地元の人に話を聞いて回った結果・・・。

幸運にも見つかりました。
c0235504_18594795.jpg

窯を築くまでどれくらいかかるのか見当もつきませんが、この場所をみて確信しました。

いつかじゃなく、今だって。
[PR]
Commented by nuu-my-life at 2012-07-06 16:39
さきほどはお邪魔しました・・・

夢を語るすがたがまぶしかった~。
いや、一歩一歩 踏み出していくすがた、ですね。
応援しています。

そして私も歩まねば。
Commented by kikigama at 2012-07-06 21:21
いや~、お恥ずかしいかぎりです。作りだしたら、こんなはずじゃ・・とか思ったりするんでしょうけど。
計画立ててる時がやっぱり一番楽しいんでしょうね。場所は決まったので、あとはやるのみです。
また、遊びに来てくださいね。
by kikigama | 2012-06-29 19:00 | 吉田崇昭 記す | Comments(2)