カテゴリ:吉田崇昭 記す( 51 )
岡山へ 『フイールドオブクラフト倉敷』2016
ひとり陶器市にお越しくださった皆様ありがとうございました。
初日は荒天でしたが、それにもかかわらず来て下さったお客様もいました。
また来年お待ちしております。

ところで、5月は岡山中心のひと月です。
まずは、『第11回フィールドオブクラフト倉敷』に出展いたします。
c0235504_133028.jpg

第11回 フィールド オブ クラフト倉敷
日 時: 2016年5月21日(土)・22日(日) 2日間 10:00~17:00 (雨天決行)
会 場: 倉敷市芸文館前広場 (倉敷市中央1丁目18-1 美観地区より南へ徒歩3分)

初めての出展で若干の緊張感を感じておりますが、準備に忙しくてそれどころではなくなってきました。
様々な作り手が制作の雰囲気を展示に盛り込んだり、積極的にワークショップをされるようです。全国にクラフトイベントは数多ありますが、もの作りの現場に触れることができる数少ないイベントだと思います。
興味のある方、ぜひお越しください。
[PR]
by kikigama | 2016-05-11 13:16 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
ひとり陶器市 2016
有田陶器市への出展をやめてから、今回で三年目になります。
今年も、『ひとり陶器市』を自宅工房にて、ひっそりやります。
昨年は友人の陶芸家である井上誠司さんと二人での陶器市でしたが、初心に帰ってひとりでの展示会になります。

ひとり陶器市2016
5月3日(火)~5月5日(木)
AM10:00~PM18:00
筑紫野市むさしケ丘2-28-43 喜器窯ギャラリーにて
℡092-925-7595
c0235504_20445762.jpg
今回は、企画展とクラフトイベントへの出展を控えているので、例年より規模を小さくします。連休中で、ちょっとした移動も渋滞などで大変な時期ですが、近くにお越しの際はお立ち寄りいただけると幸いです。
[PR]
by kikigama | 2016-04-25 21:06 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
山口アーツ&クラフツ2016終わりました
まずは無事に帰ってこれた事にホッとしております。
16日の早朝から山口に向けて出発する予定でしたが、深夜に大きな地震があり、その後も続く余震で眠れないまま、福岡を発ちました。
高速は北九州近くまで止まっていたので、途中は下道を使ったのですが、受付にギリギリ間に合う時間に到着しました。
c0235504_20182047.jpg
無事に展示もできて、お客様も多かったのですが・・・風がとにかく強かったです。
野外イベントは天候だけはどうしようもないのですが、風で浮きあがりそうなテントを抑えることに必死でした。
いつテントが飛んで、人に怪我をさせたり、他の出展者の商品を壊すのではないかとヒヤヒヤしていました。
ところが、有難いことにお客さまが手を貸して下さり、四苦八苦してテントをたたむことができました。
その時のお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。
c0235504_20202369.jpg
高い位置に置いていると、風で皿が飛んで割れたこともあり、低く低く展示をするように変更しました。あの環境ではよくがんばった方だと思います。
時おり來る突風にヒヤヒヤしながら、いろんなところで商品が割れる音を聞きながら二日目の午後になると、不思議と風が落ち着いてきて、撤収の頃は暖かい穏やか天候でした。
色々なところのイベントに参加させていただきましたが、こんなに風が強いのは初めてでした。
しかしながら、風は寒かったですが、人の温かさに触れたイベントでもあり、記憶に残るクラフトイベントになりました。
観に来てくださった皆様、お買い上げ下さった皆様、そしてテントを畳む事に協力して下さったお客様ありがとうございました。
[PR]
by kikigama | 2016-04-18 20:42 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
4月の予定2016
吉田崇昭
4月の予定
第10回 山口アーツ&クラフツ
日時/2016年4月16日(土)〜4月17日(日)
16日/10時〜17時
17日/ 9時〜16時
場所/維新百年公園
〒753-0815山口県山口市維新公園4-1-1 維新百年公園
c0235504_1933222.jpg
昨年も参加させていただきましたが、今年も隣県ということで真っ暗な早朝から車を飛ばす予定です。現場ならではのダイレクトな反応を楽しみに参りたいと思っています。

それから、5月は岡山のクラフトイベントと岡山での企画展も控えております。
しばらくは忙しい毎日を送ることになりそうです。
[PR]
by kikigama | 2016-03-29 20:18 | 吉田崇昭 記す | Comments(2)
2016 3月の予定
ずいぶん長いことブログの更新をできていませんでしたが、3月の予定です。

吉田崇昭
アートスペース油亀
『豆皿だけのうつわ展ー小さいけど、すごいやつ。小さいから、すごいやつ。ー』
2016年3月12日(土)〜27日(日)の16日間
open11:00 close19:00 15(火)22(火)は展示替えのため休廊
会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2-3-1
お問い合わせ:086-201-8884
c0235504_9481661.jpg

■参加作家
馬川祐輔<兵庫>,梅田健太郎<熊本>,江口香澄<福岡>,江口誠基<福岡>,岡美希<大分>,岡モータース<愛知>,奥山泉<沖縄>,加地学<北海道>,加藤祥孝<岐阜>,叶谷真一郎<兵庫>,栢野紀文<愛知>,喜多代京子<神奈川>,工房いろは<沖縄>,木ユウコ<熊本>,シマシマポタリ<沖縄>,白神典大<岡山>,末石昌士<熊本>,須賀文子<岐阜>,田川亞希<東京>,タナベヨシミ<福岡>,田村文宏<愛知>,寺村光輔<栃木>,中町いずみ<富山>,肥後仁美<大分>,肥後博己<大分>,日高伸治<岡山>,日高直子<岡山>,古谷浩一<滋賀>,細川敬弘<岡山>,ほりゆめこ<神奈川>,本郷里奈<熊本>,三浦圭司<山口>,ミヤチヤスヨ<愛知>,武者千夏子<北海道>,八木橋昇<滋賀>,安江かえで<神奈川>,山村富貴子<岡山>,山本泰三<滋賀>,柳忠義<福岡>,吉田崇昭<福岡>他。

豆皿といっても、サイズも3寸(9センチ)からもっと小さなものまで形も色も様々。
それに、作り手も買われるお客様も十人十色です。
興味のある方、もともと器の好きな方、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
[PR]
by kikigama | 2016-03-16 09:57 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
新年 2016
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします
c0235504_15233830.jpg
器 染付提灯壺に千両

昨年末に、掘ってきた石の実験をしたところ、これまでより多くの鉄分が含まれていることがわかりました。
これまでより溶けやすく、発色に大きな違いが出ることもわかりました。天然の材料を使うということは、こういう不安定さがつきものであるとわかってはいたつもりですが・・・途方にくれました。
採った場所が少し違ったためか、別の石が混入したためかはわかりません。

この材料を実験して調整する道と、再び採掘しに山に行く道と両方を考えながら、溜息がでました。どちらもそれぞれに大変です。
というわけで、今年は実験の年になりそうです。
[PR]
by kikigama | 2016-01-04 15:52 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
12月の予定 2015
11月下旬なのにぬくかねー、もう冬のはずばってんなどと、知人と話していた矢先に寒気がやってきました。
慌ててストーブの埃を掃い、ライターで火をつけると(灯油ストーブです)数日前とはうって変わって、急に冬らしくなった気がしました。
作業するのが辛い時期になりましたが、灯油ストーブを相棒に、作り続けております。

12月の予定です。
うつわ祥見 onari NEAR 
『碗と椀展』
c0235504_15255922.jpg
会期12月5日(土)~12月21日(月)
会期中休  12月8日(火) 12月15日(火)  
営業時間12:00〜18:00
出展作家
浅井純介 阿南維也 荒賀文成 石田誠 小野哲平 
尾形アツシ 小山乃文彦 掛江祐造 寒川義雄 田谷直子  
鶴見宗次 寺田鉄平 八田亨 村木雄児 萌窯(竹内靖・智恵)
矢尾板克則 横山拓也 吉田崇昭
漆 矢澤寛彰
場所utsuwa-shoken onari NEAR
神奈川県鎌倉市御成町5-28 TEL:0467-81-3504

急遽参加させていただけることになりました。
出展作家は、よくお名前を見たり、聞いたりする作り手の方々ばかりです。
お近くにお越しの際はぜひご高覧ください。
[PR]
by kikigama | 2015-12-02 15:41 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
11月の予定 2015
11月というか、10月末より始まる企画展に参加いたします。

神楽坂 暮らす。
■Classical Life 10/28(水)-11/6(金)

10/28から11/6までの10日間、展示室スペースでは、古き良き雰囲気を感じさせる器を集めた「Classical Life」を開催いたします。この展覧会は、現在開催している酒器の展示(10/26まで)の続編という位置付けで、酒器展に参加している作り手のうちの3名が、引き続き作品を出品してくれます。
土本訓寛さんは動物の絵付けの器と野趣あふれる焼締を、吉田崇昭さんは初期伊万里を髣髴とさせる染付と白磁を、池田大介さんは細かい幾何学文様の三島手の器を制作。
実りの秋の味覚を盛ってみたくなる渋くてあたたかな風合いの器が揃いますので、ぜひこの機会に神楽坂へ。
(店主談)
□出品作家: 土本訓寛 吉田崇昭 池田大介
c0235504_1920617.jpg

神楽坂 暮らす。
住所 〒162-0805 東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101
TEL/FAX 03-3235-7758
営業時間 12:00-19:00
定休日 毎週火曜+第1・第3月曜(祝日の場合は営業 翌日振替休)

完全な写しに近いものから、アレンジしたもの、家紋から着想した文様などを描いた皿たちです。
お時間のある方、近くにお越しの際はぜひご高覧ください。
[PR]
by kikigama | 2015-10-26 19:40 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
10月の予定 2015
10月の予定

吉田崇昭

神楽坂 暮らす。さんの企画展に参加いたします。
今宵の月 今宵の酒器 -十三夜を愉しむ手仕事のうつわ-
10月15日(木)~26日(月)

10月15日から26日までの12日間、日本酒を愉しむためのぐいのみをあつめた展覧会を開催いたします。
陶器、磁器、漆器、ガラス、さまざまな素材を使った個性豊かなぐいのみたちが並びます。
先月9月27日は十五夜でしたが、今月10月25日は十三夜。
日本では古来「秋のお月見」と言えば、十五夜と十三夜の両方を愉しむものとされてきました。
月の美しい晩、お気入りのぐいのみを片手に秋の夜長をお愉しみいただきたいと思います。(店主談)

□ 黒川大介(ガラス) □ 川合孝知(九谷色絵) □ 土本訓寛(陶) □ 武曽健一(陶)
□ 吉田崇昭(染付) □ 池田大介(陶) □ 村上修一(漆)
c0235504_20374271.jpg
神楽坂 暮らす。
住所 〒162-0805 東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101
TEL/FAX 03-3235-7758
営業時間 12:00-19:00
定休日 毎週火曜+第1・第3月曜(祝日の場合は営業 翌日振替休)

お時間のある方、お近くにお越しの方、ぜひご高覧ください。
それから月末にも、神楽坂 暮らす。さんの別の企画展に参加予定です。
[PR]
by kikigama | 2015-10-05 20:35 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)
8月の予定 2015
ぎりぎりになってしまいましたが、8月の予定です。

吉田崇昭

伊勢丹新宿店 iichi CRAFTS MARKET Life with Animal
2015.8.5(wed) -8.24(mon)
伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニングデコール
営業時間 10:30 〜 20:00
※ 8月18日(火)は休業日

8/5から24までの三週間、新宿伊勢丹5Fのキッチンダイニングデコールでは「iichi CRAFTS MARKET -Life wth Animal-」というイベントを開催中。iichiというWEBマーケットに参加している作り手たちが、動物をテーマにした作品を展示しています。
このイベント、第一期(8/5-11)、第二期(8/12-17)、第三期(8/19-24)と分かれているのですが、お世話になっている『神楽坂 暮らす。』さんも、キュレーターという形で、第二期と第三期にダイニングテーブル1台分のコーディネートを担当されます。

第三期(8/19~24)の期間、私の染付皿たちも『神楽坂 暮らす。』さんのテーブルで展示される予定です。
動物、その中でも鳥の文様という難問でしたが、どうにか焼き上げました。
お近くにお越しの際は、ご高覧下さい。
c0235504_19132111.jpg

[PR]
by kikigama | 2015-08-16 19:23 | 吉田崇昭 記す | Comments(0)



器と日々
by kikigama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28